自由なシェアハウス


シェアハウスの魅力はまだまだあり、共同生活でありながらも、自由な生活ができるということも魅力です。ここで挙げる例はあくまでも一例ですが、家具が用意してあっても、家具の持ち込みが自由なシェアハウスもあります。愛着のある使い慣れた家具を運び入れる人もいます。そして、門限を特に設定していないシェアハウスも多くあり、飲み会などで夜が遅くなっても安心です。中には客人の宿泊もOKとしているシェアハウスも存在します。呼ばれたことをきっかけとして、招かれた側が、後にシェアハウスへの入居を決めたという人もいます。

更にシェアハウスの魅力として、イベントが企画されることがあります。運営企業が主催するところもあれば、入居者が自発的に提案できる環境を提供し、入居者たちが主導権を持ち、イベントをおこなって入居者同士の交流を深めているところもあります。イベント開催の有無や、どのようにイベントをおこなっているかに関しても、シェアハウスにより異なるため、イベントが気になる人はシェアハウスに問い合わせてみましょう。そして、大体のシェアハウスでは自由参加としていて、自分の意思でイベント参加の可否を決めることができ、強制されることもありません。

参考リンク《http://www.e-guesthouse.com/
DK HOUSEは、各施設でイベントが楽しめるシェアハウスを紹介しています。

シェアハウスは安い


やはり、ほとんどの人が気になる部分は家賃だと思います。シェアハウスは、料金が安く設定されているところが多く、単身でアパートを借りる程度の金額が大体の相場です。そして、設備がし整っているところが多く、個人で住むのであればそこそこな金額になりそうなものであっても、シェアハウスなら安くすむことも大きな魅力です。そのため、国内の若者をはじめ、外国から来日している若者からも支持を得ています。ひとり暮らしでは持ち込みが大変な生活に必要な家具や家電を完備しているシェアハウスも存在し、何も持たずに入居ができると謳っているところもあります。

家賃は統一されているところもあれば、部屋ごとに設定されている場合もあり、シェアハウスによって差があるため、詳細な家賃に関しては、住みたいと思っている地域にあるシェアハウスに問い合わせて、家賃を確認しましょう。

さらに家賃を抑えたいと考えている場合は、誰かを誘い合わせて入居するということもひとつの手段です。複数人で生活できる部屋の場合、一緒に住む人との折半で家賃をまかなえる可能性もあります。この点もシェアハウスによって違うため、気になっているシェアハウスに問い合わせて、確認することをお勧めします。

今のシェアハウス


今、シェアハウスが多くの若者たちの間で話題となり、利用する人が増えています。シェアハウスというと、個人でアパートや一戸建てをシェアするというイメージを持つ方もいると思いますが、ここでいうシェアハウスは、最初から他人との共同生活を目的として作られ、運営をおこなっているものを指します。個人ではなく、企業が運営しているため、適切な管理がなされつつも、入居している人たちが自由に生活することができ、加えて一人暮らしでは味わうことのできない、いくつもの出会いや交流があり、刺激的な毎日を過ごすことができると評判です。外国人の方も留学やインターンシップ目的で来日し、シェアハウスを利用することもあり、外国人と日本人の交流の場が持てるという面も、シェアハウスの大きな特徴です。

シェアハウスは直訳すると家を共有するという意味ですが、自分のプライベート空間にも常に他人がいるという想像をする人が多いと思います。しかし、実際は多くのシェアハウスが個室を採用しています。このことにより、プライベートな空間をしっかり確保しつつも、リビングにいけば一緒に生活している仲間と一緒に過ごすことができるという、オンとオフが自分で選べる運営形態も人気です。ただし、複数の人が生活できる部屋もあり、友達を誘い合わせて利用する目的で用意されていることが考えられます。シェアハウスの魅力とは何でしょうか。当サイトではシェアハウスを利用することによるメリットについて紹介しています。